プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月・お財布♪

ちょっと前にお財布を新調しました。
せっかくなので、おろすタイミングやら、金運アップのおまじないを試してみました

・お財布をおろすのは、満月の日
・一万円札を入れて、静かな場所でスタンバイ


満月は吸収する力がもっとも高い日、といわれ、お金を呼び込んでくれるらしく
また、千円・五千円より、万札を入れておくことで、お金のエネルギーを記憶してくれるのだとか。

あとは、長財布のほうがいいとか、カード類は最小限にして整理整頓するとかいろいろありますが、
とにかく「お金が安心して心地よく暮らせるおうち」という意識で、
お財布をメンテナンスするといいそうですね。
自然と、お金を大切に扱うという意識が芽生えてきます

今日は満月なので、まんをじして新しいお財布の使い始めの日
気分もリフレッシュしています

アロマ小部屋spicaのホームページへ
スポンサーサイト

アロマフェスタ

17日(日)は協会のアロマフェスタの日でした。

会員向けのセールはいつも人気で、開場前から並んでも中に入ると各ブースはすでに人だかりです
決めてあったものをまずは手に入れて、空いているところから見ていきました。

「超臨界流体抽出法」という、現代的な方法で作られた精油が増えてきました。
あと、和精油の種類が昨年より増えていて、人気でした。

和のベースオイルといえば椿油がつかわれますから、

精油、ベースオイルともに「和」にこだわりました。

というサロンも今後、増えそうですね。
私もちょっと興味があります

アロマフェスタはランチボックスがついて、それが楽しみのひとつでもあります
今年はこんな感じ。

20130217_122318_convert_20130218181154.jpg

サラダメイン!
ちょっと、ものたりなかったような気も
(帰りに友達とケーキ食べて帰っちゃいました。)

午後のセミナーは、とてもためになりました

①「生命の不思議」 福岡伸一さん

生物学者の福岡さん。
昆虫にとって、視覚よりも嗅覚の方が生きるためには大切だそうです。

生物の嗅覚の話にはじまり、
マウスの遺伝子実験の話へ。

そこから導き出される「動的平衡」の話。

生物の細胞の分子は、日々作り変えられていて、1年後には、からだのすべての分子は置き換わる。
(ある意味、1年前とは別の人になっているともいえます!)
でも、見た目は別人にならないように、きちんと形を保ちつつ入れ替わるるようなシステムが、備わっているのだそうです。
また、欠けた部分を補い、修復、回復するシステムも備わっている。
人の体というのは、全体でひとつとして働き、欠けた部分、弱った部分を補おうとする力がある。
部分ではなく、ホリスティックに体を見ていくことは、とても大切なことである、というお話でした。

②「私らしくアロマを仕事に」 佐佐木景子さん

協会理事で、早くからアロマの仕事に関わってこられた大先輩。
スクール・サロン・スパの立ち上げなど、色々な分野でご活躍されています。

ご自身は、人との出会いが今の仕事にすべて結びついた、とおっしゃってました。
人とのご縁ってとても大切なのですね。

それと、スキルアップの大切さについてもお話がありました。

経歴がすごすぎて!最初は「羨望」のまなざしでしたが、
地道にきちんと努力されてきたこと、
お家のことや子育てもきちんとされてきたことなどが伝わってきました。

「成功」ということに縛られすぎず、自分自身や家族のこと、今現在の仕事など、
目の前のことにキチンと向き合うということも、
大切なことだなあと改めて思いました。

アロマ小部屋spicaのホームページへ

見たり、食べたり。

国立新美術館での文化庁メディア芸術祭

「JAPAN MEDIA ART FISTIVAL」

を見てきました。

アート、エンタメ、マンガ、アニメーション部門があって楽しめました。
2/24(日)までで、入場無料です。

アニメーション新人賞の「布団」という作品に見いっていました。
ふかふか、柔らかな質感が、とてもよく伝わる作品。
鼻が変なところから出てくるのが、ププでした。

エンターテイメント大賞の
Perfumeの「Global Site Project」もすごいですね。
パフュームのモーションキャプチャーを使って?
好きなキャラクターを当てはめて同じダンスをさせることができるというもの?
というのを、一般の人が作って、ぞくぞく集まってくる世の中というのがなんだかスゴイ・・・。
グローバルです

ミッドタウンに移動して、ケーキをいただきました。

1361174477564_convert_20130218170723.jpg

一度食べてみたかった、SADAHARU AOKIさんのお店です。
人気のケーキを、少しずつ食べられるというお得なこちらにしました
もちろん全部おいしい。幸せ

五感を使った一日でした。

アロマ小部屋spicaのホームページへ

ときめかない理由

片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんは、

物を残しておくのか、処分するのかどうかの目安は、

「ときめくかどうか?」

がポイント、といっています。

これはとても分かりやすくて、私もそのように判断するようにしているのですが、

ここ最近、

「ときめかないもの」

がやたらと増えてきました。

洋服や、持ち物、本などの趣味をがらっと変えてしまいたいような。
年齢的なものもあるのでしょうが、何か変化があるのかなあ~と思い、ホロスコープを見てみると。

発見しました

プログレスの太陽が・・・しし座からおとめ座に移動する時期でした。(30年ぶりのサイン移動です!)
このプログレスの太陽とは「大枠の意識」なのだそうで、対外的なスタンスに関わるそうです。

身に付ける洋服・持ち物は外に向けられるものなので、その変化を表しているようです。

しし座的なもの・・・個性的で、華やかで、こだわりが感じられるもの。自分の主観で良いと思うもの。
から
おとめ座的なもの・・・清楚で上品なもの。外から客観的にみることに意識が向く。分析する。
への変化を感じます

もしかしたら、清楚になるのかも・・・(笑)
まあ、これはおいておいても、最近「コンサバな感じ」が気になっていたのは事実
ちょっと挑戦してみようかな~と、気持ち新たになりました

ちょっとした日常のことですが、自分の気持ちの変化とホロスコープが合っているとおもしろいですね!
新しい方向へ、スムーズに進めるようにお手伝いをしてくれます

アロマ小部屋spicaのホームページへ

目を使わないこと

肩こり・背中こり・頭痛などの原因のひとつに

「目を使いすぎている」

ということがいわれます。
カラダをゆるませるには、目を使わないことが一番なのですが・・・

でも、目の休息はなかなか難しい。
携帯・テレビ・パソコン・読書・・・
世の中情報がたくさんあって、目を使わずにはいれません

私も、目を使いすぎてるな~と思うときは多々あります。
・目の充血・しょぼしょぼしたり・くまができたり
・首や肩が重く感じたり
・腕がむくみ気味

というときなどは、目を休める工夫をしています。

例えば、電車での移動中は携帯をみたり読書をするのはやめて、遠くの風景をぼ~っとみたり考え事をしたり。
耳をほぐすといいので、耳介を引っ張ったりもんだりして柔らかくしたり

寝る前に、目元の温湿布
これはとても気持ちいいです
市販のものでもいいいですし、ホットタオルでも。
火傷しないように注意して、目元を覆いつつ、温めます。
使わないようにするのは、覆うのが一番!かも?
睡眠の導入にもいいですよ。じんわり温まって、眠くなってきます

アロマ小部屋spicaのホームページへ

ボイドタイムの過ごし方。

今日は、丸一日ボイドタイム。

占星術でいうボイドタイムとは、月が他の惑星と影響のある角度をとらない時間で、
ここんとこ2~3日に1回くらいあるのですが、長さは様々。

今回は7日の21:30~9日の4:17までと長めで、今日8日は丸一日ボイド、ということになります。

ボイドタイムの影響は、

・間違いがおきやすい(うっかりミスなど)
・羽目をはずしやすい

など、あるようです。

情緒や日常生活を表す「月」が、他の惑星からの影響がなくなるということで、
良い意味でも悪い意味でも自由気ままになります。

私個人的にはあまりボイドについては神経質にはなっていなくて(しょちゅうあるし)、むしろ、この時間帯は、とことん楽しめる時間にしたいなあ、と思っています。
(それに今日は堅実なやぎ座の月なので、羽目をはずし過ぎることはないかも)

空想、にむいてるのですよね。
実際に行動に移すのではなく、夢見る時間

やぎ座が関係する、お仕事関係の夢なんかがいいかもしれません。
・今後の自分の方向性
・スキルを磨くには?

など、想像してみると広がりがあります。

私も今日は、仕事について考えてみたいと思っています。

アロマ小部屋spicaのホームページへ

2月のといえば。

2月といえば、バレンタインですよね!!
といっても、まったくドキドキ、ソワソワしなくなって早○○年

デパートでは美味しそうなチョコが色々並びますので、
そちらは楽しみ。
見に行ってきました。

お客さま用・家族用・そして自分用にも選んできました

普段よりちょっと高級なチョコをちょこっとだけ食べる、というのも贅沢な気分です。

自分用には、大好きなオレンジピールのチョコがけにしました。

オレンジといえば・・・

冬のこの時期は、日照時間が短いことなどが原因で、気持ちが沈んでしまう方も多いといいます。
柑橘系の香りは心を温めてくれる作用がありますのでオススメです。

ちなみに・・・
今サロンに常備してある柑橘系果皮の精油は、

・スイートオレンジ
・グレープフルーツ
・レモン
・ベルガモット
・マンダリン
・時々、ユズ


があります。甘いもの、ちょっと苦味のあるものなど、色々特徴があります。
比べてみるのも楽しいです。

でも精油がなくたって一番簡単なのは、みかんとかオレンジをむいた後の手に残ったさわやかな香り。
いちばんフレッシュな精油です。
深く香りを吸い込めば、立派なアロマテラピーです

アロマ小部屋spicaのホームページへ

アーユルヴェーダとアロマ

自分に合った精油の選び方には、色々な方法があります。

例えば、アロマが初めてのかたには、
効能別にいくつかご紹介して、
その中から直感で好きな香りを選んでいただいたり。

ホロスコープを見て、対応した精油をご提案することもあります。

また、数秘術・チャクラなどにも対応した香りがあります。

アロマのおもしろいところは、化学的なもの~スピリチュアルなものまで、幅広く組み合わせることができるところです。不思議な位置づけです。

先日、アーユルヴェーダ医師の蓮村誠先生が、
アーユルヴェーダ的なアロマの使い方についてツイートされていました。

アーユルヴェーダは、インド発祥の伝統医学。

ヴァータ(風)
ピッタ(火)
カパ(水・地)

の3要素(ドーシャ)を人は持っていて、体質などによって人それぞれのバランスに違いがあります。
ドーシャが乱れると、体調にも現れます。

ヴァータの乱れ・・・ベースノート
ピッタの乱れ・・・ミドルノート
カパの乱れ・・・トップノート

の香りが良いそうです。
ただ、私の学んだトップ・ベース・ミドルの分類とは違うものもあり、
いろんな解釈があるのだなあ、と思いました。

以下、蓮村先生のツイートより↓

カパが乱れて鼻が詰まっている方は、朝のカパの時間帯(6~10時)にユーカリの芳香浴。
カパが乱れて昼食後に眠くなる方は、カパに良い精油(ユーカリ・クローブ・マジョラム・ジュニパーなど)を焚く。

ピッタが乱れていらいらしやすい方は、ローズやカモミールの芳香浴をしながらのPCやデスクワーク。

ヴァータが乱れて寝付きが悪かったり、不安感がある人は、ゼラニウムやオレンジなどを湯船に垂らしたり、ティシュペーパーにたらして枕元において寝るとよい。

だそうです
すぐ使えそうな知恵ですよね。
アーユルヴェーダと組み合わせるのも、なかなか、興味深いです。

アロマ小部屋spicaのホームページへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。