プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新メニュー

スピカに、新しいメニューが加わります。

「ゆらす・ふれる・ほぐす」

テックニックで、着衣のうえからおこなうメニュー、

「クワイエット・スリープ(安眠)」 40分
「グッド・スリープ(快眠)」 50分
 
※グッドスリープは、イスに座った状態での肩のほぐしが入ります。
 肩のこりが特に気になるお客様は、こちらのメニューがおすすめです。

★部分アロマトリートメント付き。
部位は、ハンド(ひじ下)または、フット(ひざ下)からお選びください。

lump_02.jpg


「スリープ」という名前のとおり、
このメニューで、カラダとココロをゆるゆるにゆるめて、
うとうと、まどろみのお時間をご提供したい、と思っております。



では新メニュー
「クワイエット・スリープ」
「グッド・スリープ」

のキーワード、

「ゆらす・ふれる・ほぐす」

について、詳しくご紹介します。

「ゆらす」

ゆれるという言葉で何を想像しますか?
風にゆらゆら揺れる葉っぱ?
ロッキングチェア?
ハンモック?

気持ちがゆれる、というときにも使います。
なかなか、決断できない、ゆらいでいる状態。
どっちつかず?

逆に、まったくゆれない状態ってどうでしょう?

「硬直」「ゆるぎない」「頑固な」

カラダ→余分な力が入っている、可動域の狭まり。
ココロ→融通がきかない。ひとつの思いにとらわれているのかも。

「ゆらす」
ということは、カラダやココロの硬直をときほぐす助けをしてくれます。
どっちつかずというと、あまり良いイメージではありませんが、
ニュートラルという表現はどうでしょうか?
「あえて選ばない」ということから
「可能性」は広がっていくのかもしれません。

はじまり、可能性、
そんな状態を作りだすためのゆらしです。

「ふれる」

お疲れやストレスがたまってくると、
「ココロ」と「カラダ」が離れていきます。

からだにムチ打って、という表現がありますが
カラダのSOSを無視した生活を続けていると
だんだんココロが「麻痺」してしまうのだとか。

いっけん「平気」で「頑張れる」つもりに
なっていることがあります。

でも実は平気ではなかったりします。

ココロとカラダが離れている状態。

たとえば、毎日が
「ふわふわ」した感じになってくることがあります。
「実感」がわかなかったり、
「感動」することが少なくなったり。

「ふれる」
ということは、そんな風に離れたココロとカラダを元にもどしてくれます。
できれば、自分ではなく、他人にふれてもらったほうがよいのです。
スキンシップ、ですね。

「ほぐす」

しっかりゆるんだ、おからだを優しくほぐします。
(痛みはともないません。)

ゆるんだ筋肉を、動かす動作です。
血行が良くなり、たまっていた疲労物質が外に流れていきます。

おもに、背中の自律神経に関わる部位を丁寧におこないます。
自律神経が整うと、上手にリラックスできたり、
ここぞっという時に十分力が発揮できたりと、
メリハリのある行動がとれるようになります。



長くなってしまいましたが、
新メニューの感じ、
少しはお伝えできたでしょうか?

Tシャツ&スウェットの、
楽な服装にお着替えいただいてからおこないますので、
紙ショーツ1枚のトリートメントはちょっと・・・というお客様
(結構多いのです。)
にも、抵抗なくお受けいただけるメニューです。
(フェイシャルメニューとの組み合わせもあります。)

ぜひこの機会に、サロンまで、どうぞ足を運んでみてください。

アロマ小部屋spicaのホームページへ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。