プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験中~♪

そそっかしい性格なので、
しょっちゅう小さな火傷をするのですが、
ラベンダーを試すのをいつも忘れる、忘れっぽさ

今回は忘れず、使うことができました♪

あ、「火傷にラベンダー」というのは、
アロマをお勉強した方ならばテキストに必ずのっている、

「ガットフォセ」さんのエピソード。

ガットフォセさんは、1930年代ころのフランスの化学者。
実験中に大火傷を負ったガットフォセさん。
近くにあったラベンダーの精油をかけてみたところ、みるみる回復したそうです。

そのころのアロマの精油は、「香料」目的に製造されていたようですが、
ガットフォセさんは、火傷の回復の経験で、アロマって「治療」にも使えるんじゃ?
と研究に没頭し、「アロマテラピー」という言葉を作りました。

というわけで、ガットフォセさんを没頭させたという、
「火傷にラベンダー」

でも・・・強くはオススメきないのです。

というのは・・・
ラベンダーを原液で使うから

一般的にラベンダーは原液使用可といわれていますが、
私の所属する「日本アロマ環境協会」では
「原液禁止~」
のスタンス。

なので、お客様に原液で使うことは絶対にありませんが、
自分のカラダなので、自己責任で実験中です♪
微妙ですね

きれいにした火傷部位に、綿棒でちょちょいと精油を塗布し、
絆創膏などでフタ。

いつもと違うのは、

「赤みの引きが早い」
「ヒリヒリ期間が短い」


ということ・・・

なかなか、すごいかもしれません。

あとは、跡が残らなければ、完璧♪ですね。

ヴィジュアル的に、ちょっと写真にはとれませんが
追ってご報告します~。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

★秋のアロマクラフトレッスンのお知らせ★

「秋のアロマキャンドルと、月のお話

詳しくは→コチラから

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

アロマ小部屋spicaのホームページへ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。