プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性ホルモンのお話

先日、私の所属しているAEAJ(日本アロマ環境協会)の専門セミナーにいってきました。
毎回いろいろなテーマで、最新のアロマテラピーの情報がきけるセミナーです。

今回のテーマは

女性ホルモンとアロマテラピー
~輝く女性になるための香り活用法~

と題して、お二人の講師のお話をきいてきました。

アロマって、女性特有のトラブルにはもってこいのツールなのですよね。
女性ホルモン、女性ホルモン・・・と、あちらこちらで耳にします。
とりあえず、美と健康には女性ホルモン!
という思いは、みなさんお持ちのようですね。

さて、

・更年期障害
・マタニティーブルー
・PMS(月経前緊張症)


などの、つらい症状。
これらはすべて、女性ホルモンの変化によっておこってきます。

「カクン」

と、急にホルモン値が下がるというのが共通点です。

じわじわ~ではなく、「カクン」
ジェットコースターの、最初の傾斜・・・みたいな。

ですから、この時期に不足分の女性ホルモンを補う、ということで症状が軽くなります。
ですが、ホルモン補充療法はリスクが伴います。
乳がん・脳血管障害・虚血性心疾患など。

そこで、代替療法でなんとか解決できないものか?
という研究がされています。

自然界にある植物などに含まれる、

「女性ホルモン様作用」

のあるものを摂取すると、つらい症状にとても良いとのことです。
「カクン」の傾斜をなだらかにしてくれる、というイメージでしょうか?

大豆製品に含まれる、イソフラボンとか・・・
精油なら「クラリセージ」が有名です

「イランイラン」の香りの成分は、抑うつ・不安によい効果をもたらした、という結果がでています。
恋愛力アップにも!
インドネシアでは、イランイランの花を、新婚さんのベッドにまく風習があるそうですしね

で、今までの話は女性ホルモン値が下がってきた場合のことなのですが、

逆に女性ホルモンが旺盛に働いているとき。

例えば
・思春期
・妊娠中
・授乳中

などは、意識してとりいれる必要はないそうです。
たぶん、香りの好みも変わってくるでしょうから、分かると思います。

本能にしたがう、ということですね

さてさて、
セミナーの最後に、

「女性を元気にする香りがあるなら、男性を元気にするものは?」
という質問がでていました。

残念ながら、自然界の植物に男性ホルモンを活発にするものは今のところないそう
唯一、元気にしてくれるのは、女性の汗のにおい(!)だそうですよ。
フェロモンですね

アロマ小部屋spicaのホームページへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。