プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーユルヴェーダとアロマ

自分に合った精油の選び方には、色々な方法があります。

例えば、アロマが初めてのかたには、
効能別にいくつかご紹介して、
その中から直感で好きな香りを選んでいただいたり。

ホロスコープを見て、対応した精油をご提案することもあります。

また、数秘術・チャクラなどにも対応した香りがあります。

アロマのおもしろいところは、化学的なもの~スピリチュアルなものまで、幅広く組み合わせることができるところです。不思議な位置づけです。

先日、アーユルヴェーダ医師の蓮村誠先生が、
アーユルヴェーダ的なアロマの使い方についてツイートされていました。

アーユルヴェーダは、インド発祥の伝統医学。

ヴァータ(風)
ピッタ(火)
カパ(水・地)

の3要素(ドーシャ)を人は持っていて、体質などによって人それぞれのバランスに違いがあります。
ドーシャが乱れると、体調にも現れます。

ヴァータの乱れ・・・ベースノート
ピッタの乱れ・・・ミドルノート
カパの乱れ・・・トップノート

の香りが良いそうです。
ただ、私の学んだトップ・ベース・ミドルの分類とは違うものもあり、
いろんな解釈があるのだなあ、と思いました。

以下、蓮村先生のツイートより↓

カパが乱れて鼻が詰まっている方は、朝のカパの時間帯(6~10時)にユーカリの芳香浴。
カパが乱れて昼食後に眠くなる方は、カパに良い精油(ユーカリ・クローブ・マジョラム・ジュニパーなど)を焚く。

ピッタが乱れていらいらしやすい方は、ローズやカモミールの芳香浴をしながらのPCやデスクワーク。

ヴァータが乱れて寝付きが悪かったり、不安感がある人は、ゼラニウムやオレンジなどを湯船に垂らしたり、ティシュペーパーにたらして枕元において寝るとよい。

だそうです
すぐ使えそうな知恵ですよね。
アーユルヴェーダと組み合わせるのも、なかなか、興味深いです。

アロマ小部屋spicaのホームページへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。