プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマフェスタ

17日(日)は協会のアロマフェスタの日でした。

会員向けのセールはいつも人気で、開場前から並んでも中に入ると各ブースはすでに人だかりです
決めてあったものをまずは手に入れて、空いているところから見ていきました。

「超臨界流体抽出法」という、現代的な方法で作られた精油が増えてきました。
あと、和精油の種類が昨年より増えていて、人気でした。

和のベースオイルといえば椿油がつかわれますから、

精油、ベースオイルともに「和」にこだわりました。

というサロンも今後、増えそうですね。
私もちょっと興味があります

アロマフェスタはランチボックスがついて、それが楽しみのひとつでもあります
今年はこんな感じ。

20130217_122318_convert_20130218181154.jpg

サラダメイン!
ちょっと、ものたりなかったような気も
(帰りに友達とケーキ食べて帰っちゃいました。)

午後のセミナーは、とてもためになりました

①「生命の不思議」 福岡伸一さん

生物学者の福岡さん。
昆虫にとって、視覚よりも嗅覚の方が生きるためには大切だそうです。

生物の嗅覚の話にはじまり、
マウスの遺伝子実験の話へ。

そこから導き出される「動的平衡」の話。

生物の細胞の分子は、日々作り変えられていて、1年後には、からだのすべての分子は置き換わる。
(ある意味、1年前とは別の人になっているともいえます!)
でも、見た目は別人にならないように、きちんと形を保ちつつ入れ替わるるようなシステムが、備わっているのだそうです。
また、欠けた部分を補い、修復、回復するシステムも備わっている。
人の体というのは、全体でひとつとして働き、欠けた部分、弱った部分を補おうとする力がある。
部分ではなく、ホリスティックに体を見ていくことは、とても大切なことである、というお話でした。

②「私らしくアロマを仕事に」 佐佐木景子さん

協会理事で、早くからアロマの仕事に関わってこられた大先輩。
スクール・サロン・スパの立ち上げなど、色々な分野でご活躍されています。

ご自身は、人との出会いが今の仕事にすべて結びついた、とおっしゃってました。
人とのご縁ってとても大切なのですね。

それと、スキルアップの大切さについてもお話がありました。

経歴がすごすぎて!最初は「羨望」のまなざしでしたが、
地道にきちんと努力されてきたこと、
お家のことや子育てもきちんとされてきたことなどが伝わってきました。

「成功」ということに縛られすぎず、自分自身や家族のこと、今現在の仕事など、
目の前のことにキチンと向き合うということも、
大切なことだなあと改めて思いました。

アロマ小部屋spicaのホームページへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。