プロフィール

アロマスピカ

Author:アロマスピカ
千葉県柏市にある女性専用のアロマテラピーサロンです。
現在、クリニックや健診などの看護師のお仕事を続けながら、自宅にてアロマテラピーサロン「spica」を営んでおります。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香水ってアロマ?part2

香水はアロマだけど
『アロマテラピー』ではないんですというお話でした。

今回は香料について少し詳しく。

天然香料 (高価。産地や気候、採取方法によって香りが変化)
  植物性・・・精油(エッセンシャルオイル)
  動物性・・・ムスク・シベット・カストリウム・アンバーグリス

ムスク・・・ジャコウジカの腹部の香のうから得られる分泌物を乾燥した香料、漢方薬の一種
シベット・・・ジャコウネコの香のうからの分泌物
カストリウム・・・ビーバーの香のうからの分泌物
アンバーグリス・・・マッコウクジラの腸内の結石

動物性って・・・ワイルドな原料ですよね汗

そういえば以前、動物園で天然のムスクの香りを展示していたのですが、すごい香りでした・・・
何というか・・・野趣あふれる香り?うすめて他の香りと混ざることで深みがでるのでしょうね~。

天然香料は貴重で高価なため、現在の一般的な香水には合成香料を使用することが多く、特に動物性の香りはワシントン条約の関係で手に入りにくく、ほぼ合成香料だそうです。ムスクってよく聞くと思いますが、実際使用されているものは合成したものなんですね。

合成香料 (安価。持続性があり、一定の香りを作り出すことができる)
天然香料中の成分や、あるいは天然には存在しないが香料として有効な化合物を化学的に合成したもの。産業革命以来、合成香料の発達で、高価だった香水は庶民も手にすることができるようになった。
『シャネルNo5』という有名な香水は、「匂いがすぐに消えない香水」として当時開発されたばかりの合成香料アルデヒドを初めて使用したものらしいです。

     ※ ※ ※ ※

天然・合成それぞれ良い部分はありますが、香りだけでなく植物そのものの効能を期待するのならやはり天然香料でもある『精油』を使ってくださいね。
香りだけ充分、お気に入りの香水があるから・・・という場合にはもちろん香水で!
皆様、それぞれの『心地よさ』を大切にしてくださいね。
しつこいですが、次回も香料について。

アロマ小部屋spicaのホームページへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。